楽天「これが三木谷会長が書いて当時のメンバーを驚愕させたソースコードです」とドヤ顔で展示 ← 学校の情報処理レベルと馬鹿にされる

http://techwave.jp/archives/a-source-code-written-by-mr-mikitani.html
創業20周年を迎えた楽天。本社のある東京・世田谷区の楽天クリムゾンハウスの入り口に、これまでの成長の歴史を伝える資料などが展示されています。
その中に代表取締役会長兼社長 三木谷浩史 氏が書いたとされるプログラムのソースコードが展示されています。

説明によれば、これが書かれたのは楽天がエム・ディー・エムという名前で創業した1997年のこと。
プログラミング経験のない三木谷氏が自ら書いたものだとのことです。(以下は、展示説明内容をそのまま転記しました)

楽天市場」開設当時。三木谷自身が書いたソースコード
「1000」の整数を「1,000」の通貨表示にする単純なものでしたが、プログラミングを知らない三木谷が独学でこのような変更を実現させ、ほかの創業メンバーを驚かせた。

https://i1.wp.com/techwave.jp/images_inbox/2017/04/DSC_8998.jpg
https://i1.wp.com/techwave.jp/images_inbox/2017/04/DSC_8998-1.jpg?resize=640,464